OAフロア

オフィスの床の材質や用途にあわせてOAフロアを選択します。

 

 

OAフロアの種類

樹脂製

樹脂製のOAフロア単品

素材に再生PP複合樹脂を使用しています。

 

高強度で軽量で建築物への負担が少ないOAフロアです。

 

 

 

スチールタイプ

スチールタイプのOAフロア施工例

スチールタイプは、大容量配線を収納可能です。

 

スチールの中に木材をいれ軽量化したタイプと、完全にスチール製のOAフロアパネルがあります。

 

 

アルミタイプ

アルミタイプのOAフロア単体

スチールタイプと同様にアルミタイプのOAフロアパネルは、大容量配線の収納が可能です。

 

アルミタイプの特徴として磁場に影響されず、磁気を帯びることがありません。

 

 

OAフロアの高さ

樹脂のOAフロアの高さは50mm、75mm、100mmから選択できます。
高さが高いほど多くの配線を収納できます。
スチールタイプやアルミタイプのOAフロアは高さを調整できます。

50mm 75mm 100mm

50mmのOAフロアイメージ

75mmのOAフロアイメージ

100mmのOAフロアイメージ

 

 

タイルカーペット

赤色系 青色系 灰色系

OAフロア

OAフロア

OAフロア

オフィスのイメージカラーとなります。
汚れ等のことを考慮するとグレー系が人気です。
アクセントに明るい色をいれるとオフィスが映えます。

 

 

模様

単色 ストライプ タイル

OAフロア

OAフロア

OAフロア

起毛している絨毯は、意図せずとも縦線が入ったように見える模様があります。

 

 

用途

出入りの多いオフィス 出入りの少ない場所 濡れることが多い場所

OAフロア

OAフロア

OAフロア

オフィス用ならばオフィス用と、用途にあわせて制作されています。

 

 

性能

タイルカーペットに付随する性能です。

 

その機能がある商品とない商品がございますので、選択の際は注意してださい。

 

下記以外のタイルカーペットの特徴として、取り換え簡単、カットが簡単、パターンがいろいろ選べるなどがあります。

 

電気制御

静電気が起こりにくいタイプのカーペットです。

 

起毛していても、静電気がある程度に制御されます。。

 

防火

難燃性の素材をつかっている場合です。

 

火元に近い場合はほぼ必須といえる性能です。

 

防カビ

カビが増殖しにくい素材です。

 

床材デザイン 一例

ノーマルなオフィス

ノーマルなタイルカーペットの配色

 

 

アクセントタイルカーペット

アクセントのあるタイルカーペットの配色

 

 

 

塩ビ床

塩ビのタイル配色

 

 

 



トップへ戻る